教育事業

富な教育コンテンツで
人材育成の効率化・
人材不足の解消を
サポートします

20年以上・1,000以上の医療機関を担当してきた知識や
経験を元に、良質な教育コンテンツを提供いたします。

ビデオやリモートなどを利用して、
これまで医療機関様・ITベンダー様が費やしてきた
時間・労力・費用を軽減することで、業務効率と医療の質を向上させていきます。

こんなことで
お困りではありませんか?

  • case 1

    研修に大きな労力が掛かっている。

    質の高いインストラクションは、実稼働における業務効率を大きく左右します。ただ医療システムの分野は、医療機関の形態や自治体の保険制度等、案件ごとに必要とする知識が異なることもあり、教育体制を確立することは容易ではありません。

  • case 2

    そもそも教育の時間が取れない。
    もっと本来の仕事に集中したい。

    医療とシステム、両面の知識に習熟するには、相応の経験が求められます。しかし、ベテランの人材は開発現場でも重要な責任を負っていることが多く、教育に割く時間の確保が難しいケースもよく見られます。

  • case 3

    医療の現場を把握している人材が乏しく、
    医療機関との意思疎通が噛み合わない。

    医療の現場では、特殊な語彙が飛び交います。現場特有の悩みもそうした語彙で表現されるため、前提となる知識が欠けていると要望の意図を十分に汲み取れず、開発の精度が落ちてしまうリスクが懸念されます。

豊富な教育コンテンツで
解決します!

  • solution

    医療従事者の初任者も見据えた、現場志向のコンテンツ

    当教育事業は、MISが手掛けるシステム導入・運用支援事業、コールセンター代行事業における人材育成ノウハウをサービス化したものです。医療の現場に最大限寄り添った教育コンテンツは、ITベンダー様のインストラクターのみならず、医療従事者間の情報格差を低減する目的でも活用していただけます。

  • solution

    必要に応じて追加・変更できる自由度の高いカリキュラム

    MISの教育コンテンツは、基本のカリキュラムをベースに、適宜取捨選択して活用いただく形をとっています。さまざまなパッケージを扱っておりますので、ご要望に応じてカリキュラムを追加いただくことも可能です。

  • solution

    地域性や法改正まで考慮した高い網羅性

    医療システムは、導入先の医療機関がある自治体の保険制度や関連法規と密接に関わっています。全国にネットワークを持つMISは、そうした地域性や最新の関連法規を教育コンテンツに柔軟に反映しています。

  • solution

    対面・オンライン・動画に対応するフレキシブルな指導環境

    該当の教育コンテンツは、訪問・オンラインのほか、映像での提供も行っております。いずれもお客さまのご要望に合わせた内容で制作いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

service
サービス内容

医療従事者の初任者やインストラクターの育成にご利用いただける内容になっております。

  • 知識取得

    knowledge

    職種に依存することなく、各職種の情報格差を軽減し、業務知識を取得する

  • 負担の軽減

    burden

    製品マニュアルからでは習得が難しい部分を補い、システム導入時における負担軽減を図る

  • 効率化の向上

    efficiency

    各職種間、インストラクターとエンジニアとの連携を強化し業務を効率化する

educational content
教育コンテンツに
ついて

MISの教育コンテンツは、ITベンダー様、医療機関様の双方に導入いただける内容となっております。
いずれもニーズに合わせてカリキュラムや細かい表現等を調整し、学習者が最も効率よく理解できる形をご提案させていただきます。

教育コンテンツ例

医療機関の役割、電子カルテ・医療事務まで幅広いコンテンツの基礎から医療情報システムについて学んでいただけます。

  • 医療情報基礎編

    全2日間

    医療機関の役割と仕組みをご説明させていただき、業務の内容と流れが医療情報システムとどのように関わるのかを学んで頂けます。

  • 電子カルテ編

    全3回 5日間

    1回目
    全体的に概要説明や基本的(共通)な機能の説明と共通オーダー種の概要のご説明
    2回目
    各オーダー種の概要説明を行いながら、業務内容や運用を合わせてご説明
    3回目
    導入のポイントや導入時の手順や、共通利用されるマスター類のご説明
  • 電子カルテ実践編

    実際にオペレーションをしていただきながら、操作方法や機能を学んでいただきます

    • 医師コース
    • 看護師コース(外来・入院)
    • コメディカルコース
  • 保守と運用編(準備中)

    システムにて利用されているデータベースの構造や共通利用されているマスタや設定について解説を行い、データの二次活用の方法などをご紹介いたします

    • データベースの構造について
    • 各種データテーブルについて(基本パッケージ部)
    • 共通マスタの解説と運用方法について
    • データの二次活用について

result
事例紹介

目的を最大限達成できるよう、案件ごとに最適化したコンテンツを提供しています。以下に一部の事例を紹介します。

教育セミナー利根保健生活協同組合 様

医療情報の基礎知識(訪問型セミナー, セミナー用資料, ビデオ)

今回のプランは「医療情報の基礎知識」という内容で、保険や診療情報、病院情報システムについてセミナーを行わせて頂きました。「医療情報基礎編」のコースからお客様が必要とされている項目に絞って、通常、全体では2日間の内容を90分に凝縮して行いましたので、補助教材としてテキストとビデオをご用意させて頂きました。

  • テキスト(58ページ)
  • ビデオ(9種, 2時間16分)
  • 90分のセミナー

カストマイズ有り

様々な職種の方に参加して頂き、90分間のセミナーを開催させて頂き、セミナー終了後にアンケートを取らせていただきました。

参加して頂いた職種

52件の回答

online
オンラインによる
指導環境

遠隔オンライン教育サービスを拡充するためにテレカンルームを設置いたしました。壁には吸音材を設置し、周囲にも可動可能な吸音パルネルを配置して、お客様とのコミュニケーションがスムーズに行えるようになりました。

operation
操作ガイドイメージ

電子カルテシステムや職種等に応じて、直感的に理解できる操作ガイドを用意しています。コールセンター事業や導入・運用支援事業で蓄積した膨大な経験知に基づき、利用者が躓きやすいポイントを押さえることで、効率的かつ実用的な知識の習得を図っています。

blog
ブログ

採用プロセス

こんにちは。メディカル情報サービスのブログ担当です。 今回は、弊社の採用までのプ…